TOP > 製品情報 > ごみ処理装置 > Umore 有機廃棄物磁気熱分解装置

有機廃棄物磁気熱分解炭化炉装置 Umore

 

イ プラスチック、タイヤ、木材、樹脂等をわずかな灰にしてしまう新型有機物磁石熱分解炭化炉装置 

石油化学製品、プラスチック製品、ゴム製品、樹脂製品、ウレタン、乾いた塗装ゴミ、プリント基板、電線、木材、紙、食品等ごみを燻焼処理しわずかな灰にしてしまう、環境にやさしくランニングコストが非常に低い、脱炭素社会に最適な磁力有機廃棄物燻焼処理炭化炉装置Umore。
従来有った、排気ガスを水で洗浄するスクラバーが無くなり、水が必要なくなったため、屋根と電気さえ有ればどこでも設置可能。ごみを連続投入出来、効率良くごみ処理が出来、大幅コスト削減で産業廃棄物処理が可能。熱効率がパワーアップし、タール液も発生無し。
石油化学製品加工メーカー、産業廃棄物業者、塗装会社、病院、ホテル、展示会場、林業、農家、キャンプ場、スタジアム、ショッピングセンター、災害後の廃棄家具処理等多くの場所でお使えになれます。脱炭素とカーボンニュートラルで二酸化炭素排出削減と地球温暖化防止に最も適した装置です。プラスチックごみの問題解決だけではなく、二酸化炭素、ダイオキシン排出削減、大気汚染問題、地球温暖化防止の問題も同時に解決が可能です。スマートシティ化に置いても大きな効果を発揮出来ます。
https://cuttingedge-tech.jp/dcms_media/image/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B8%20SWP-120%E2%85%A1-bigger.jpg

 

イ 磁力熱分解炭化炉装置 Umore 基本的な特徴

1.石油、ガス等燃料を全く使わず、月額5~8万円程度のわずかな電気だけでごみを処理
2.新しく開発した完全燃焼システムにより煙、二酸化炭素等ガス排出を大幅削減 
3.小型なため、屋根さえ有れば、駐車場や空き地等小スペースで使用が可能
4.連続投入して廃棄物を処理出来るため、効率の良いごみ処理が可能
5.今まで苦手だった水分を含んだごみも他の燃え易いごみと混ぜると処理が可能
6.燃料不要でランニングコストが掛からないため維持費負担が小さい
7.処理速度が速くなり、ごみ処理の効率が大幅改善
8.負担の大きい産廃費が大幅に削減
9.装置の構造が小型でシンプルなため、装置が傷みにくく、メンテナンスも楽
10.微量の灰しか出ないため灰の処理が楽
11.金属、鉄、ガラス、石、乾電池は処理せず、灰と一緒に残る

今まで処理が追い付かなかったプラスチックごみ、廃棄しづらい自動車用タイヤ、家電やパソコンの廃棄後のプリント基板、材木チップ、発泡スチロール、医療廃棄物、乾いたペンキ壁材、チョコレートやカカオ等燃えずに産廃コストが掛かっていたごみの処理が可能。
ショッピングセンター、市場、離島、過疎地域のごみ対策、キャンプ場や世界遺産指定地域等のごみ回収対策に困っている場所に最適。地震、台風等の災害後の破損家財の処分、山中の枯葉、木材処理も山火事を起こさず安心して処理が可能。

 

イ 磁力熱分解炭化炉装置 Umore ラインナップ

カッティングエッジ 磁力熱ごみ熱分解炭化炉装置Umore80

 

磁力熱分解炭化炉装置 Umore80

コンパクトサイズ、小スペース
独自技術で不完全燃焼ガスを完全燃焼し、CO2やダイオキシンの排出無し
製造メーカー、展示会場、ホテル、学校、公園等に最適
処理能力:最大0.5 ~ 1.5㎥/1日 以上 ※対象物により異なります。
短期間有料レンタルサービスを始めました

Umore120 磁力有機ごみ分解炭化炉装置 Umore120

 

磁力熱分解炭化炉装置 Umore120

内部のごみを撹拌、抑えが出来るハンドルが両サイドに取り付けられ、効率の上がる処理が可能
独自技術で不完全燃焼ガスを完全燃焼し、CO2やダイオキシンの排出無し
本体サイズが大きくなり、処理容量が向上
工場、展示会場、製造メーカー、スタジアム、ショッピングセンター、農場、等業務用として最適
処理能力:最大2.0 ~ 7.0㎥/1日 ※対象物により異なります

カッティングエッジ ここがポイント

 

ここがポイント!

屋根と電気さえ有ればどこでも使える便利さで、石油、ガス等燃料の継ぎ足し等が不要なため手が掛からず楽。
毎月の電気代はUmore80の場合7万円前後で、他の費用は掛からないため、産業廃棄物処理費用を大きく削減する事が出来る。
連続投入が出来、24時間いつでもごみ投入が可能で、非常に処理効率が高い。バッチ方式の場合はその処理終了まで待たなければならない。
装置の構造が非常にシンプルなため故障が少なく、メンテナンスも楽。
保守費用も不要で経費が掛からない。
灰が投入時の約1/100~1/300になり、灰の掻き出しが1か月に1度程度で楽。一般的な燃焼炉は毎日灰を除去しなければならない。
今まで苦手だった紙おむつや残飯等水分の多いごみも、機能改良により、紙等燃え易いごみと混ぜ合わせて処理をすると可能となった。

カッティングエッジ ここがポイント

 

Umoreと類似品は何が違う!

焼却炉は炎でごみを燃やし、二酸化炭素やダイオキシンを発生します。
燻焼炉は炎が有りません。火鉢やバーベキューで使う炭が炎は無く赤く燃えるのと同じです。
Umoreは、燻焼炉方式を用い、独自技術で二酸化炭素やダイオキシンを発生させない装置です。
一般的な磁石ごみ分解炭化炉装置とSWPは何が違うのか。
Umoreは、装置の中心部まで磁気を帯びた酸素が届く供給装置、不完全燃焼排気を完全燃焼する独自技術、熱効率の非常に優れた技術を使っており、単なる磁石ごみ処理装置とは異なります。 

 

ごみの分解変化状況、自動車用タイヤ、発泡スチロールの分解途中状況

SAP 残渣SWP 残渣SWP 残渣SWP 残渣SWP 残渣 SWP 残渣SWP 自動車タイヤSWP 発砲スチロール カッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置

 

イ プラスチックごみ、海洋ごみ、塗料固化ごみ、医療ごみ、タイヤ、基板、廃棄材木

廃棄タイヤSuper Waste Processor プラスチックごみ処理装置Super Waste Processor 医療ごみカッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置 カッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置カッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置カッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置材木廃棄物

 

イ Super Waste Processor の紹介ビデオ

 

イ 有機廃棄物磁気熱分解炭化炉装置 Umore 濃度実測定結果

測定対象項目 単位 基準値  測定結果  測定方法
ダイオキシン類 ng-TEQ-㎥   5以下 ダイオキシン類の迅速簡易分析方法 
ばいじん g/㎥N 0.25 0.01未満

JIS Z-8808に準拠

(大気汚染防止法施工規則) 

硫黄酸化物質

㎥N/h  0.08 0.001未満  JIS K-0103に準拠 
(大気汚染防止法施工規則) 
窒素酸化物質  c㎥/㎥N  250  10未満  JIS K-0104に準拠 
(大気汚染防止法施工規則) 
塩化水素  mg/㎥N  700  0.9  JIS K-0107に準拠 
(大気汚染防止法施工規則) 

 

イ 有機廃棄物磁気熱分解炭化炉装置 Umore 仕様

 製品名 Umore80 Umore120
 処理方式 有機物磁気熱分解方式
1日の処理能力 0.5~1.5立方m
最大約500kg
※対象物により異なります
2.0~7.0立方m
最大約2,000kg
※対象物により異なります
1時間消費電力 3~8kWh 5~15kWh
電源仕様 200V、単相、60アンペア、50/60Hz
温度 外壁温度:約50℃、内部温度:600~800℃

寸法mm 幅x奥x高

1,500 X 1,300 X 1,800 1,800 X 1,800 X 3,200

内部容量 幅x奥x高

650x650x800 1,000 x 1,000 x1 ,200

本体重量

約1,000Kgs 約2,200Kgs

投入窓口

幅560 X 高300 mm 幅580 X 高500 mm

処理可能な材質

プラスチック、ゴム、タイヤ、ウレタン、樹脂、石油化学製品、プリント基板、塗料固化ごみ、木材、発泡スチロール、医療用廃棄物、紙、布、廃魚、おがくず、畳、わら床、建設廃材、食品廃棄物、お菓子、チョコレート、カカオ等 

処理非対応材質

金属、鉄、石、ガラス、乾電池、貝殻、ビン、コンクリート、水分を多く含んだもの単独 ※これら材質ごみは一緒に投入して頂いて結構です。灰と一緒に残るだけです。

お問い合わせはこちらまで、お気軽にお申し付けください。

お問合わせ

  • カッティングエッジ 営業担当
  • 101-0044 東京都千代田区鍛冶町 1-9-6
  • TEL / FAX : 03-6822-5613
  • (営業時間:月~金 9:30~17:00)