TOP > 製品情報 > ごみ処理装置 > 活性酸素有機物消滅装置
Facebook Cutting Edge   Instagram Cutting Edge    Twitter Cutting Edge

日本の画期的な大発明 活性酸素有機物消滅装置

カッティングエッジ ゼロソニック 固体有機物活性酸素消滅装置カッティングエッジ 活性酸素分解処理装置 アルファガイア

活性酸素ごみ処理装置
活性酸素とは?
活性酸素は地球上で最も酸化能力が高い物質と言われております。例えば、人間が呼吸により体内に取り込んだ酸素をエネルギーに代える工程で、体内に細菌やウイルスが侵入して来ない様、瞬間的に酸化作用で殺菌・分解してくれる生命維持に欠かせない役割を担っているのが活性酸素です。しかし一瞬で消滅してしまいます。もしも、長時間保ったり、必要以上に発生してしまうと、脳や体の細胞を破壊するため、人類等地球上の生命体は消滅してしまうほどの高い酸化作用を持つとされています。また、生命体の老化の原因は、体内で発生する活性酸素とも言われます。
その活性酸素(OHラジカル)を有効活用する方法はこれまで世界中で見当たりませんでした。
WEF技術開発は、世界で初めて大気中で多量の活性酸素を発生させる技術を発明し、その活性酸素発生装置をあらゆる分野で利用が可能な様にコンパクトな装置に開発をしました。
その功績をたたえ、WEF技術開発の青山代表取締役は、2022年4月に旭日単光章を叙勲授与されました。この活性酸素発生装置は日本が生んだ画期的な発明と言えます。
一般的に有機物は、炭素、水素、酸素等の原子が非常に強固に結合したもので、強酸アルカリ、高温、高圧等でも分解が困難だったため、今まで微生物を使った分解しか解決策は有りませんでした。
活性酸素は、その有機物の強固な原子結合を瞬時に分解する事が可能で、WEFが発明した活性酸素発生装置「AOS」は、多量の活性酸素を大気中で発生させて有機物分解処理を可能としました。
WEFは、火を使わず、AOSで活性酸素をさせて廃棄物を処理可能とした下記3種類の装置を開発した。
1.「α-Gaia」:活性酸素を常温で野菜残渣や余剰汚泥等廃棄物の減容、堆肥発酵/メタン発酵の前処理、菌/ウイルスの殺菌と分解が可能な装置
2.「ZEROSONIC」:活性酸素を加熱し、プラスチック、医療廃棄物、紙おむつ等リサイクル不可物の消滅処理、無機・有機分離利用が可能な装置
3.「W(Water)-Gaia」:油分、余剰汚泥削減が可能な装置

 

 活性酸素処理は焼却(燃焼)ではない!なぜなら火を使わないから!常温でも可能!

焼却(燃焼)

カッティングエッジ ゼロソニック 活性酸素ごみ分解処理装置
処理物全体が高温雰囲気の中に有る
 

活性酸素分解 

    カッティングエッジ 活性酸素有機物分解処理装置
加熱セラミックと接触している部分のみ活性酸素が発生して分解。雰囲気温度は発火温度に達していない

 

 アルファガイアで生ごみや余剰汚泥も微生物ごみ処理装置の2~5倍の速度で処理が可能

カッティングエッジ アルファガイア有機物活性酸素消滅装置 セラミック残渣


 

活性酸素を常温で野菜残渣や余剰汚泥等廃棄物の減容、堆肥発酵/メタン発酵の前処理、菌/ウイルスの殺菌と分解が可能

微生物を使った生ごみ処理装置は微生物が細胞膜を直ぐに分解出来ないため処理時間が長いが、活性酸素はオゾンの1.3倍の酸化能力が有り、瞬時に細胞膜を分解する事が出来、処理速度が2~5倍と早くなる。

 

 ゼロソニック活性酸素発生装置で処理が可能なもの

廃棄タイヤカッティングエッジ活性酸素分解処理装置Super Waste Processor 医療ごみカッティングエッジ 食品廃棄物カッティングエッジ 家畜糞材木廃棄物 カッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置カッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置カッティングエッジ Super Waste Processor 磁力熱有機ごみ分解処理炭化炉装置

 

ゼロソニック活性酸素発生装置でタイヤを処理したケース

カッティングエッジ 活性酸素処理装置でタイヤを処理した場合

 

AOS活性酸素発生装置搭載の機種ラインアップ

カッティングエッジ アルファガイア有機物活性酸素消滅装置 セラミック残渣


 

α-Gaia/アルファガイヤ 水分の多いごみに最適

活性酸素を常温で野菜残渣や余剰汚泥等廃棄物の減容、堆肥発酵/メタン発酵の前処理、菌/ウイルスの殺菌と分解が可能

活性酸素を攪拌装置で野菜ごみや余剰汚泥と接触、分解させると、強酸、アルカリ、高温、高圧でも分解しにくかった細胞壁を瞬時に分解し、水分を蒸発させ粉末にする事が可能。

微生物を使った生ごみ処理装置は微生物が細胞膜を直ぐに分解出来ないため処理時間が長いが、活性酸素はオゾンの1.3倍の酸化能力が有り、瞬時に細胞膜を分解する事が出来、処理速度が2~5倍と早くなる。

アルファガイヤの詳細はこちらを御覧下さい

カッティングエッジ ゼロソニック有機物活性酸素消滅装置


 

ZEROSONIC/ゼロソニック 石油製品、医療廃棄物に最適

火を使わず活性酸素を低温加熱し、プラスチック、医療廃棄物、紙おむつ等リサイクル不可物の消滅処理、無機・有機分離利用

石油化学製品(タイヤ、プラスチック、発泡スチロール、ビニール、ゴム、塗料固化ごみ)、農業廃棄物、一般家庭ごみ、書類、フィルム、建築廃材等の分解処理が可能

ゼロソニックの詳細はこちらを御覧下さい

カッティングエッジ Wガイア有機物活性酸素消滅装置 セラミック残渣


 

W(Water)-Gaia/Wガイヤ:油分、余剰汚泥削減が可能

水中に投入し、COD、油分、余剰汚泥削減

Wガイヤの詳細はこちらを御覧下さい

 

 活性酸素発生装置ラインアップ比較表

  大気中  水中
処理
方法
AOS+常温 AOS+加熱 AOS+オゾン
製品名 α-Gaia
(アルファガイヤ)
Zerosonic
(ゼロソニック)
W(Water)-Gaia
(Wガイヤ)
 特徴 有機物細胞膜分解
(減容化,生物前処理,リサイクル)
固体有機物の消滅処理 水中有機物分解処理

利用
目的 

①産廃物減容化
②堆肥発酵、メタン発酵前処理
③菌・ウイルスの殺菌、分解
①消滅処理
②無機・有機分離
COD、油分、余剰汚泥削減 

利用例

①水分の多いもの、野菜残渣、食品工場残渣、余剰汚泥、生ごみ等の減容/乾燥処理、分散型発電利用
②前処理利用で、堆肥、メタン、エタノールの発行処理速度5~10倍
③コロナウイルス等の大空間殺菌処理、空中、水中、土中殺菌
① 石油化学製品、ゴムタイヤ、医療廃棄物、紙おむつ等
②もみ殻残渣からシリカ抽出、小型家電、電線等の金属回収、ウレタンからガラス繊維回収、太陽光パネルから金属回収

活性酸素にオゾンを混合し、UFB発生装置で水中投入。コンパクト、低コストで微生物に頼らない処理

処理可能材質

水分の多いもの、野菜残渣、食品工場残渣、余剰汚泥、生ごみ、農業廃棄物、水草、牛紛、豚紛、 プラスチック、ゴム、タイヤ、ウレタン、石油化学製品、プリント基板、塗料固化ごみ、木材、発泡スチロール、医療用廃棄物、紙おむつ、紙、布、おがくず、畳、わら床、建設廃材、食品廃棄物、菓子、チョコレート、カカオ等   

非対応材質

金属、鉄、石、ガラス、乾電池、貝殻、ビン、コンクリート、石こうボード等

処理量

100~3,000Kg/日 1~3㎥/日  

カッティングエッジ ここがポイント

 

活性酸素装置は世界初で唯一無二。地球を蘇えさせる装置です

焼却炉は炎でごみを燃やし、二酸化炭素やダイオキシンを発生します。
活性酸素発生装置は、二酸化炭素やダイオキシンを発生させず、環境に最も優しいごみ処理装置です。
活性酸素発生装置を使った3種類の装置により、水分を多く含んだごみ、余剰汚泥、鶏糞、生ごみ、プラスチックやタイヤ等石油化学製品、湖や池の水質改善等、幅広く環境改善に貢献出来る装置で地球が蘇える事が可能です。

カッティングエッジ ここがポイント

 

ここがポイント!

火を使わず、活性酸素だけで分解処理をする世界唯一の日本が生んだ歴史的な発明品
屋根と電気さえ有ればどこでも使え便利
電気代のみで他の費用は掛からないため、産業廃棄物処理費用を大幅に削減する事が出来る
24時間いつでも追加で連続投入が可能なため、処理効率が非常に高い。バッチ方式の場合はその処理終了まで待たなければならない
装置の構造が非常にシンプルなため故障が少なく、メンテナンスが楽
灰が投入時の約1/300~1/500になり、灰の掻き出しが1か月に1度程度で楽。一般的な燃焼炉は毎日灰を除去しなければならない。※ごみの種類により異なります(例:タイヤ)
紙おむつ、余剰汚泥、残飯等水分の多いごみも、短時間で処理が可能
微生物生ごみ処理装置と比較し、活性酸素はオゾンの1.3倍の酸化能力が有り、処理速度が2~5倍と早くなる。

廃棄物処理でお困りの方は、貴社廃棄物を送って頂きますと、テストを行います
          

お問い合わせはこちらまで、お気軽にお申し付けください。

お問合わせ

  • カッティングエッジ 営業担当
  • 101-0044 東京都千代田区鍛冶町 1-9-6
  • TEL / FAX : 03-6822-5613
  • (営業時間:月~金 9:30~17:00)