TOP > 製品情報 > ごみ処理装置 > 活性酸素有機物消滅装置 > アルファガイア 活性酸素消滅装置
Facebook Cutting Edge   Instagram Cutting Edge    Twitter Cutting Edge

アルファガイア 生ごみ、汚泥、水草等 活性酸素分解乾燥処理装置

カッティングエッジ アルファガイア 活性酸素有機物分解処理装置

活性酸素ごみ処理装置
活性酸素とは?
活性酸素は地球上で最も酸化能力が高い物質と言われております。例えば、人間が呼吸により体内に取り込んだ酸素をエネルギーに代える工程で、体内に細菌やウイルスが侵入して来ない様、瞬間的に酸化作用で殺菌・分解してくれる生命維持に欠かせない役割を担っているのが活性酸素です。しかし一瞬で消滅してしまいます。もしも、長時間保ったり、必要以上に発生してしまうと、脳や体の細胞を破壊するため、人類等地球上の生命体は消滅してしまうほどの高い酸化作用を持つとされています。また、生命体の老化の原因は、体内で発生する活性酸素とも言われます。
その活性酸素(OHラジカル)を有効活用する方法はこれまで世界中で見当たりませんでした。
WEF技術開発は、世界で初めて大気中で多量の活性酸素を発生させる技術を発明し、その活性酸素発生装置をあらゆる分野で利用が可能な様にコンパクトな装置に開発をしました。
その功績をたたえ、WEF技術開発の青山代表取締役は、2022年4月に旭日単光章を叙勲授与されました。この活性酸素発生装置は日本が生んだ画期的な発明と言えます。
一般的に有機物は、炭素、水素、酸素等の原子が非常に強固に結合したもので、強酸アルカリ、高温、高圧等でも分解が困難だったため、今まで微生物を使った分解しか解決策は有りませんでした。
活性酸素は、その有機物の強固な原子結合を瞬時に分解する事が可能で、WEFが発明した活性酸素発生装置「AOS」は、多量の活性酸素を大気中で発生させて有機物分解処理を可能としました。
WEFは、AOSで活性酸素をさせて廃棄物の細胞膜を破壊処理可能とした装置アルファガイアを開発しました。

 

イ アルファガイアの分解処理工程

アルファガイアは、AOSで発生させた活性酸素と有機物を、大気中常温で攪拌装置によって接触させ分解をするが、強酸、アルカリ、高温、高圧力等でも分解出来なかった細胞壁(膜)を瞬時に分解する事が可能な装置

カッティングエッジ アルファガイア 活性酸素有機物分解処理カッティングエッジ アルファガイア 活性酸素有機物分解装置

 

イ アルファガイアによる処理例:余剰汚泥

カッティングエッジ 活性酸素分解処理装置 アルファガイア

 

イ アルファガイアによる処理例:食品残渣処理

カッティングエッジ 活性酸素分解処理装置 アルファガイア

 

イ アルファガイアによる処理例:生ごみ処理

カッティングエッジ 活性酸素分解処理装置 アルファガイア

 

 アルファガイアで発酵の前処理を行うと処理速度が2~5倍で完了!

カッティングエッジ 活性酸素発生装置アルファガイア発酵前処理

 

 アルファガイアの主な特徴

カッティングエッジ ゼロソニック固体有機物活性酸素消滅装置 セラミック残渣

カッティングエッジ 活性酸素分解処理装置

 

有機物を短時間に常温で乾燥可能な画期的な装置

日本が生んだ、世界唯一の活性酸素分解処理装置
有機物を瞬時に分解処理出来る世界唯一の装置

有機物の細胞壁(膜)を瞬時に分解が可能

有機物は、炭素の結合を中心に成り立っており、この炭素結合が非常に強固なため、細胞膜破壊も非常に困難だったが、活性酸素は、この炭素結合を比較的容易に切断/分解する事が可能

水蒸発の促進効果

活性空気は、乾燥を促進させる。水のクラスターの様なものに何らかの変化を与えて、空気に乗り易い状態にするのではないかと予測

非常に高い殺菌効果

活性酸素は殺菌効果が非常に高く、活性空気の作用中に、有機物に付着した菌類も分解されることとなり、菌はゼロとなる。

微生物を使わないため、給排水が不要
アルファガイアは微生物を使いません。微生物分解生ごみ処理装置は、給排水設備が必要ですが、アルファガイアは、給水も廃水も無いため、作業が非常に楽です。
副資材も菌床材も使用しない
通常の動物性残渣はもちろんの事、油分の高いものや単一の残渣等活性酸素による分解で安定した処理が可能でランニングコストが非常に低い
オゾンの1.3倍の酸化能力
微生物生ごみ処理装置のオゾンと比較し、活性酸素はオゾンの1.3倍の酸化能力が有り、処理速度が2~5倍と早くなる。
発酵前処理
アルファガイアは乾燥効果が高く、水草、雑草、野菜残渣、余剰汚泥、植物工場残渣、鶏糞、豚糞等をたった1時間程度の活性酸素前処理を行っただけで発酵処理が従来の2~5倍の速度で処理が可能
アルファガイアPDFカタログ
デモをご希望の方はこちらからどうぞ
お問合わせ

 

 アルファガイア ラインナップ比較表

製品名 α-Gaia-100 α-Gaia-2000
処理出来るもの 生ごみ、残飯、汚泥、畜産・農業廃棄物、家畜の糞
処理出来ないもの 金属、鉄、石、ガラス、乾電池、貝殻、ビン、アルミ缶、コンクリート、塩化ビニール製品、石こうボード等

処理能力

200リットル/100Kgs 4,000リットル/2,000Kgs

処理時間

加温 最大24時間、冷却0.5~1時間

寸法

幅1,710X奥1,240X高1,460mm 幅5,760X奥2,800X高3,500mm

重量

900Kgs 4,800Kgs

電源

40A/三相/200V 300A/三相/200V

電気代/1日
⒛円/kwで試算

95.28kw/1,906円 1,300.8kw/26,016円

カッティングエッジ ここがポイント

 

ここがポイント!

微生物を使わず、活性酸素だけで分解処理をする世界唯一の日本が生んだ歴史的な発明製品
微生物生ごみ処理装置と比較し、活性酸素はオゾンの1.3倍の酸化能力が有り、処理速度が2~5倍と早くなる。
活性酸素は殺菌効果が高いため、有機物に付着した全ての菌類も分解されることとなり、菌はゼロとなる。
微生物分解生ごみ処理装置は、給排水設備が必要ですが、アルファガイアは、微生物を使わないため給水も廃水も不要で、作業が非常に楽。
副資材も菌床材を使用せず、通常の動物性残渣はもちろんの事、油分の高いものや単一の残渣等活性酸素による分解で安定した処理が可能で、ランニングコストが非常に低い
アルファガイアで水草、雑草、野菜残渣、余剰汚泥、植物工場残渣、鶏糞、豚糞等をたった1時間程度の活性酸素前処理を行っただけで発酵処理が従来の2~5倍の速度で処理が可能

廃棄物処理でお困りの方は、貴社廃棄物を送って頂きますと、テストを行います
          

お問い合わせはこちらまで、お気軽にお申し付けください。

お問合わせ

  • カッティングエッジ 営業担当
  • 101-0044 東京都千代田区鍛冶町 1-9-6
  • TEL / FAX : 03-6822-5613
  • (営業時間:月~金 9:30~17:00)