ピックアップ

カッティングエッジ 可食インクシートプリンター NE-220MS

クリスマスパーティーを盛り上げるなら、食べられるインクで写真やイラストをシートに印刷し、ケーキの上に貼って、オリジナルのクリスマスケーキ完成!

誕生日、結婚記念日にも驚きと感動のプレゼント!
可食プリンターNE-220MSは、A4スキャナー付きで、紙の写真や絵もスキャンし画像を可食シートに印刷すれば、ケーキの上に貼るだけ。
専用のラベルソフトウェアが付属し、誰でも簡単にラベル作りが可能!
重量約6.4Kg、無線LAN搭載。
NE-220MSフルセットモデルはこんなに付属品が付いて¥158,000(税込、送料別)

詳細へ

カッティングエッジ 防災用リチウムイオン蓄電池 Power Value Saver

いつ起こるか分からない突然の地震、台風、停電等に最適。多くの自治体に防災・BCP対策として多数の導入実績
防災用に徹した大容量ポータブルリチウムイオン蓄電池 Power Value Saver

Power Value Saverの大きな特徴
・安全性の高いリチウムイオン蓄電池を使用
・徹底した保護回路と安全規格を取得した安心安全設計
・厳格な安全規格をクリアした製品
・日本の環境に適合した仕様と日本規格品質
・防災製品等推奨品認証を取得
・レジャー用蓄電池には無い無停電電源機能(UPS)を搭載
・長期保証7年間

PVS-6000が1台有れば、何とスマホ565台の充電、パソコン1台を226時間動かす事が可能。
専用のソーラーパネルを使うと、充電しながら給電し機器を使う事が出来ます。
 詳細へ

カッティングエッジ SSD破砕シュレッダー FlashEX

新製品 SSD破砕シュレッダーFlash EX

フラッシュメモリーはICチップであるため、磁気テープやHDDとは異なり、磁気消去装置ではデータを消去する事は出来ません。正しい方法でデータを消去しなければ、個人情報や企業の重要な情報が簡単に漏えいしてしまいます。HDDと同様にフラッシュメモリーにも隠し領域が存在し、データの消去や工場出荷時モードでは、隠し領域内のデータは消えておらず、簡単に読み出す事が可能です。
フラッシュEXは、業務用電源を不要とした家庭用電源で動く非常にユニークな世界最小SSDシュレッダーです。
騒音レベルは低く、ほこりは出ず、コンセントに差せば、いつどこでもすぐに使うことが出来る、フラッシュメモリー破砕のために開発されたシュレッダーです。
フラッシュEXは、特別に設計されたソリッド・カッティング・ヘッドを搭載し、投入されたデバイスに固いところが有れば、完全に3.8 X 15 mmの破砕パーティクルサイズになるまで自動でリバースを繰り返し、破砕を行います。
オフィス、データセンター、作業現場、工場に、紙のシュレッダーと同様、フラッシュメモリー専用シュレッダー1台が必要な時代はもう始まっております。フラッシュEXは世界のスタンダードとなっており、世界で最も信頼性の高いシュレッダーとして使われており、お薦めの装置です。  詳細へ

カッティングエッジ HDD、SSDを12トンの油圧パワーで約10秒で高速物理破壊するストレージパンチャーSTPN-30

新発売 大きく進化した高速HDD/SSD物理破壊ストレージパンチャーSTPN-30

1. 約10秒の高速破壊処理:従来の破壊処理時間を約半分に短縮し、作業効率が大幅に向上。
2. 強力な破壊力:従来の約10トンの破壊力をさらに上回る約12トンの破壊力に強化で、HDD/SSD/磁気テープ他を完全に破壊する事が可能。
3. 約18Kg の小型軽量:従来製品に比較して体積約3分の2のコンパクト化、軽量化を実現。出張先での破壊作業用など容易に運搬でき最適。
4. マウンタ付HDD 破壊対応:サーバ用のマウンタ付HDD をマウンタ外す事無くそのまま破壊できるオプションを用意。特にサーバ用などのマウンタ付HDD の破壊作業効率が大幅にアップ。
5. フロントローディング操作性向上:各種記録媒体破壊対応の破壊ツール交換がより簡単になり、記録媒体への食い込み時の取り外し処理も容易。
 詳細へ
                     

製品ラインアップ

EV充電器、ソーラーカーポート、リチウムイオン蓄電池

マイナンバーカード/運転免許証本人確認装置、パスポート本人確認装置、にせ札鑑別機、カードプリンター

お菓子、クッキー、おせんべい、ケーキ等可食プリンター

サービス:中古機械売却仲介サポート、ネットショップ、アウトレット、営業サポート

目的別に探す

耳より情報

在留カード、マイナンバーカードの偽造工場が摘発、マイナンバーカード、運転免許証、外国人在留カード等の表裏の情報とICチップ内の情報を即座に閲覧出来、 本人確認と偽造/変造をを確認する事が可能な装置 EXC-2800

SAS、HDD、SSDのデータ消去作業を追求したデュプリケータMTS-SAS

NSA, DoD、NIST等に準拠した 世界唯一のSSD専用小型破砕シュレッダー フラッシュEX

今一番お薦めしたい最も理想的なデータ消去装置は、物理破壊装置ストレージパンチャーSTPN-30です

よくあるご質問

災害場所に急いで持って行ける、携帯型で最も容量の大きいリチウムイオン蓄電池を教えて下さい
火も燃料も使わず、磁石だけでプラスチック等のごみを処理する装置なんて本当に有るのですか?
コロナウイルスが今流行っていますが、病院で発生する感染性廃棄物を安全に自分のところで早く処理出来る装置は有りませんか?
老人ホームで大量に発生する汚物が付着し水分を多く含んだおむつを所内で早く問題無く低コストで処理する装置は有りませんか?
食品工場、弁当工場、もやし等の野菜工場で大量に発生する水分を多く含んだ食品廃棄物を処理する装置は有りませんか?
外国人労働者を雇用していますが、彼らが正式な手続きして滞在しているかどうかを確認する方法は有りますか?
外国人のための日本語学校ですが、入学式に非常に多くの外国人生徒が手続きを同時に行うため、外国人在留カードのデータベース化が追いつかない。便利な管理装置は有りませんか?
大量の聖徳太子の旧一万円札を持っていますが、全自動で偽札か本物かを鑑定出来る装置は有りませんか?
最近偽造パスポートを持った外国人観光客や国内オーバーステー外国人が増えて来ており、パスポートを早急に判定したい
キャラメル包装とは何ですか?
  • 新着情報
  • 一覧を見る
2023/11/12
偽造紙幣鑑別機
EXC-6700は、独自の鑑別アルゴリズムを搭載し、肉眼では全く分からない高精度な偽造を高速自動で鑑別可能な世界が認めたトップクラスの装置です。 松村エンジニアリング社は、1989年に世界で初めて北朝鮮が作ったと思われる米国ドルのにせ札「スーパーK」を発見しました。以降、世界中のにせ札最新情報をいち早く入手する事が可能となり、指紋識別機のアルゴリズムを応用した従来の特殊光と磁気併用鑑別に加え、世界初独自開発の磁場センサーによる磁気パターン鑑別、光量補正回路を搭載し、鑑別能力を飛躍的に向上させた世界最高のにせ札鑑別機が完成しました。 米国FRBはこのEXC-6700を導入し高く評価しております。 EXC-6700は、多通貨紙幣に対応した最高級真偽鑑別機能を搭載した全自動鑑別機です。 USドル、ユーロ、日本円を標準で鑑別が可能で、中国元、インドルピー、英国ポンド等のその他紙幣もオプションで追加する事が可能です。特殊光、可視光、紫外線、赤外線、MF等多くのセンサーで検出したデータを独自の 鑑別アルゴリズムを用い真偽鑑別を行います。 鑑別速度は1枚当たり約0.6秒~0.7秒。 鑑別中に異常な通貨を判定した場合、警告ブザー音とLCDエラーメッセージにてお知らせします。 オートフィーダーを搭載し、100枚を連続鑑別する事が可能です。 1分間に約100枚鑑別可能。 鑑別した紙幣は合計枚数、合計金額、金種別枚数、金種別金額を液晶画面にて確認する事が可能です。 インバウンド海外旅行者が日本国内で海外通貨を両替する機会が増えており、このEXC-6700は多くの両替所において、偽札流入を防止する大きな貢献をしております。 一方、海外で買い付けを行う商社が、このEXC-6700を海外に携帯し現地で使用するケースも増えております。EXC-6700はワールドワイド電源(AC100~240V)を搭載し、わずか3Kgsの重量なため、世界中どこでも携行し使う事が可能です。 ドル紙幣番号読取対応も可能(オプション)
2023/11/12
ストレージパンチャーSTPN-30電動式HDD,SSD物理破壊装置
不要となったパソコンやデータセンターのサーバーの中のHDD、SSD、磁気テープ等には重要な情報が入っていますが、HDDをそのまま廃棄すると情報漏洩が発生するため、データ消去をしなければなりません。 現在、データ消去を行う方法には下記の方法が有ります。 1.データ消去ソフトエアで消去する 2.電気的にHDDにショックを与え、HDDの磁気データを消去する 3.HDDを物理的に破壊をする それぞれの長所と短所 1.データ消去ソフトエア データ消去ソフトウェアは手頃で使い易いのですが、データを消去する毎にライセンス料が発生し大きなコストが発生します。数個であれば問題無いですが、大量消去を行う大企業やデータ消去サービス会社では、非常に大きなコスト負担となります。 2.電気的にHDDにショックを与え、磁気データを消去する装置 消去装置は、HDDのプラッターに書かれた磁気データに電気ショックを与え、データを消去します。装置は非常に重く、ヘッドも衝撃によって破損してしまい、もうそのHDDを再使用する事は困難です。 最近のHDDは、耐衝撃性が高く、従来の様に電気的にデータが消去されなくなって来ており、処理後に違いなくデータが消去されたのかを確認するために、再度パソコンに入れて確認をするのも面倒です。 また、最近はICチップのSSDがパソコンの主流になって来て、HDDの廃棄量は激減しており、磁気消去装置を購入したいとは思わない。 3.HDDを物理的に破壊をする装置 物理破壊は、かつて金づちでHDDにくぎを打ち込み穴を開けて廃棄する方法が有りました。 データの書かれたプラッターに穴が開けば一般の人はデータを読むことはまず無理です。 しかし、難しい事を求める企業や人も多く、例えばNASA等では燃えたパソコンからHDDを取り出し、そのデータを読み出す技術が有るから簡単に情報漏洩が出来てしまう、と言う人も多くいます。 何を根拠に言っているのかわかりませんが、プラッターに数多く穴を開けるか完全に破壊をしなければ、わずか数ミリ四方が残ったところからデータを読み出す事は簡単だと、言う人は、私が国内外の展示会に必ず現れいちゃもんを付けて、購入をするわけでもなく去って行きます。 余談ですが、2012年に米国ヒューストンのNASAのジョンソンスペースセンターと言うロケットを打ち上げている重要な拠点に行き、ある日本製のHDD物理破壊装置と当時新製品のSSD物理破壊装置を持ち込み、デモを行いました。 その時に、HDDのわずかな面積からデータを読み出す事が出来る技術がNASAやCIAで有るという輩(やから)が展示会に必ず現れるが、NASAで本当にその様な事が出来るのか、と聞きました。 そのNASAのデモには、NASAのデータを管理するマネージャークラスの技術者や日本のJAXAの方もいましたが、その質問に対して全員が大笑いをし、NASAでその様な事が出来る部署も技術も無い、逆にその様な技術を持ったサービス会社が有れば教えて欲しいと言われたほどです。 話が長くなりましたが、HDDのデータ消去を簡単に早く安価に行う方法は、プラッターに穴を数個開ける事です。 残った場所からデータが読めるかも知れませんが、どこに頼んだら良いのか、相当の時間と金額が係るのは間違い有りません。 現在お薦めしたい最も理想的な装置は、物理破壊装置ストレージパンチャーSTPN-30です。 何が良いかと言うと、 1. 最大12トンの破壊力 2. 処理時間約10秒 3. 油圧を用いており、ハイパワーでHDDやSSDの破壊が可能 4. 本体1台に各種破壊ツールを交換するとHDD、SSD、磁気テープの物理破壊が可能(世界初) 5. 1回の破壊でHDDに4カ所の穴を開け、記録ディスクのプラッターを破壊 6. 破壊ビット(ピン)が破損または摩耗しても、簡単にビット交換する事が出来るため、いつでも安心して作業継続する事が可能 7. 破壊後の破壊シャフトが抜けない状態を防止する独自機能 8. SSDは、5㎜間隔の波状で基盤を折り、基板上のメモリーチップをくまなく破壊する事が可能 9. 電源の無い場所でもバッテリー駆動が可能で、オンサイトの破壊作業が可能(世界初) 10.重量約18Kgsの小型軽量でオンサイト作業に最適
2022/09/19
エネチェンジEVチャージ EV充電器導入支援キャンペーン
日本でもガソリン車を売る事も買う事も出来ない時がまもなく来ます。 しかし、充電器が無いから電気自動車を買わないのか、電気自動車が少ないから充電器が無いのか、導入は一向に進みません。 何時になったら充電器を備えれば良いのかが分からない方に朗報です。 とりあえず、低コストで充電器を設置可能なエネチェンジEVチャージ充電設備導入支援ゼロ円キャンペーンを開始しました。 補助金と独自支援金で0円になるため、ご負担が無く非常に安心です。 工場や仕事場の社員のための厚生施設、月極駐車場、学校、ホテルや旅館、マンション等集合住宅、病院、大型商業施設、ホームセンター、スーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニ、レストラン、テーマパーク、ゴルフ場、映画館、パチンコ店、カラオケ店、ボーリング場、コインランドリー、キャンプ場、スーパー銭湯、エステサロン、マッサージ店等の施設に大きな集客効果を見出す事が可能です。都市から離れた場所ほど、導入効果が有ります。 エネチェンジEVチャージを導入する大きなメリットが有ります。知識が無くても安心に設置をする事が可能。設置後は施設内に来る客が増え、集客効果が生まれます。会社内に設置すると、社員への福利厚生施設として効果がります。 お急ぎ下さい、EV時代はもう始まっています!この絶好の機会をお見逃しなく!
2021/05/07
カッティングエッジ ネットショップを開設しました
カッティングエッジは今まで、製品紹介が中心でしたが、今回ネットショップを開設し、ご覧頂いているページとリンクをしましたので、クレジットカード決済で急いでご購入する事も可能となりました。
2020/02/01
事業再開のお知らせ
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、弊社は2020年2月1日付で社名を「カッティングエッジ」として再スタートさせて頂くことになりました。 これからも全力で取り組んで参りますので 引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
  • ネットショッピング
  • お買得キャンペーン
  • コンサルタント